NU+ ニュータスNU+ ニュータスNU+ ニュータス

サイト内検索

MENUMENU

NU+ ニュータス

サイト内検索

特集

1日に食べる野菜=350gの栄養素を賢くチャージ!

1日に食べる野菜=350gの栄養素を賢くチャージ!

  • テキスト
    ニュータス編集部

2021年07月01日[2021年07月02日更新]

  • この記事を
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

「1日分の野菜」は、厚生労働省が健康維持のための目標値として掲げている「1日350g分の野菜」を使用した野菜ジュース。しかし、野菜に含まれる栄養素は、ジュースに加工する過程で失われてしまうものもあります。そこで「1日分の野菜」は、生野菜350gに含まれる主栄養素(β -カロテン、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウム)を算出し、栄養もきっちり摂れるように商品設計しています。「1日分の野菜」の味のベースはにんじん。野菜飲料のために育てた、甘みがしっかりしていてβ -カロテンが豊富 な伊藤園専用にんじん「朱衣」を使用し、さらに茹でてすりおろすことで甘みやβ -カロテンの吸収率がアップ。おいしさと栄養価の高さを両立させているのです。

お話を伺ったのは...

平井邦佳 さん
株式会社伊藤園

管理栄養士が教える!「1日分の野菜」で栄養の整理整頓!

3mei.jpg

しっかり食べているつもりでも野菜不足に

itoen_2021_a.jpg

日本人の野菜類摂取量の平均値は、約270g※。外食やコンビニ食が多い人だけではなく、食事量が少ない女性、口腔機能や食欲が低下している高齢者も不足しやすいのです。量を食べられない人でも「1日分の野菜」なら、おいしく継続することができます。

※出典:厚生労働省「令和元年国民・健康栄養調査報告」

株式会社伊藤園

https://www.itoen.co.jp

  • この記事を
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

この記事が気に入ったらニュータスを
フォローして最新情報をチェック!

この記事のキーワード

同じキーワードの記事

注目のキーワード

キーワード一覧

おすすめ記事