NU+ ニュータスNU+ ニュータスNU+ ニュータス

サイト内検索

MENUMENU

NU+ ニュータス

サイト内検索

栄養の知識

カラダよろこぶエネルギーのひみつ~食べ物の中のエネルギー~

カラダよろこぶエネルギーのひみつ~食べ物の中のエネルギー~

  • テキスト
    ニュータス編集部

2019年07月01日[2019年11月06日更新]

  • この記事を
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

やせすぎも太りすぎも日本の大問題!

 「栄養の日・栄養週間2019」の統一テーマは、昨年に引き続き「栄養を楽しむー栄養障害の二重負荷の解決をめざすー」です。栄養障害の二重負荷とは、栄養の"とりすぎ"と"不足"の両方の問題のこと。   
 日本では、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなる肥満に限らず、やせている人が多いことも大きな問題になっています。やせていると、骨や筋肉の量が減って骨折のリスクも高まり、女性では月経や妊娠に影響を及ぼし、生まれてくる赤ちゃんにも影響があることがわかっています。   
 この二重負荷の解決に重要なキーワードが、エネルギーです。車がガソリンがないと走らないように、私たち人間も燃料となるエネルギーがなければ生きることができません。私たちは、食べ物からエネルギーをもらって、脳も手足も心臓も動かしています。そのエネルギーは多すぎても、少なすぎても、私たちのカラダに負担がかかってしまいます。   
 毎日の食事で適正な量のエネルギーをとるために、食べ物に含まれているエネルギーについて知ることも、カラダがよろこぶ一つです。

ちょっと気になるエネルギーの話
みんなが気になる"カロリー"って実は...

 「これ、カロリー高そう!」とか、「カロリー低いからこっちの料理にしよう」とか。ふだん何気なく使っているカロリーという言葉ですが、実は使い方が間違っています! 本来はカロリーとはエネルギーの量を示す単位であって、グラム(g)やメートル(m)のように使います。食べ物のエネルギー量は、キロカロリー(kcal)で示します。
 「このパンは、あのパンよりもエネルギーが多い」、「海藻サラダのエネルギーは○○kcalだから、ポテトサラダよりエネルギーが少ないね」というように使うのが正解です。

食べ物のエネルギー量を計算してみよう!を見る

栄養の日・栄養週間2019スペシャルサイトを見る

栄養力診断を受けてみる

  • この記事を
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •   

この記事が気に入ったらニュータスを
フォローして最新情報をチェック!

同じキーワードの記事

注目のキーワード

キーワード一覧

おすすめ記事